100均のタンブラーの保温性はどうなの?おすすめタンブラー

100均のタンブラーの保温性がどのくらい優れているか、ご存知でしょうか。

いまやタンブラーは、美味しくドリンクを飲むための必需品と言えます。

冷たい飲み物はキンキンに冷えた状態をキープ、温かい飲み物は冷めることなく温かい状態をキープしてくれるタンブラー。

それが100均で購入できるなんてお得ですよね。

「どうせ100均の商品だから・・・」とあなどってはいけません。中には「本当にこのお値段でいいの!?」と思う掘り出し物があるかもしれませんよ。

日々商品ラインナップが豊富になってきている100均のタンブラーの保温性について詳しく調べましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

100均で人気のタンブラー:DAISOの真空二重ステンレスタンブラー(グラデーション)

タンブラーの外側と内側の間を真空状態にすると、熱を伝える分子をほぼ失くすことができます。

熱を伝えなくなるということは、飲み物の温度が外に行きにくいということです。

DAISOのタンブラーはこの真空状態を採用しているため、中の飲み物の温度をキープし続けることができるのでおすすめです。

冷たい飲み物だと、飲み始めの時に入れた氷が全く溶けずにいつまでもタンブラーの中に残っているため、暑い夏には思わず冷えたビールを注ぎたくなってしまいそうですね。

また、DAISOのステンレスタンブラーはグラデーションの色の違い、模様の違い、容量の違い等で複数の商品ラインナップを有しており、家族や友人と色違いにして揃えたり、色違いを揃える等といった飲む以外にも楽しめる要素があります。

100均で人気のタンブラー:DAISOの真空二重ステンレスタンブラー(コンビニアイスコーヒーカップ対応)

上記で紹介した真空二重ステンレスタンブラーと同じ、二重構造です。

しかし、こちらはコンビニエンストアで購入したアイスコーヒーの温度をキープできる「コンビニアイスコーヒーカップ」という優れものです。

従来のタンブラーは缶から注いだ飲み物の温度をキープすることに特化していましたが、これの特徴はコンビニで買ったアイスコーヒーのカップがスポッっと入る大きさで作られている点です!

一見すると「このタンブラーちょっと小さくて物足りないなあ」と思うかもしれませんが、その小ささ=コンビニのコーヒーの大きさにぴったりなのです。

これまでだったらコンビニでコーヒーを買って持ち歩くと時間が経つとともに結露が発生して持ちにくい、飲みにくい、何よりもぬるくなってしまうのが当たり前でした。

このタンブラーを1つ持っているだけでそれらの悩みが劇的に改善します!

最近コンビニのコーヒーはカフェでお高めに売られているコーヒーに負けないレベルに進化しているので、よく利用するという方も多いはず。

ランチタイムや休憩時間にコンビニでよくコーヒーを買って持ち歩く方や、買ったコーヒーを車のドリンクホルダーに入れて長時間移動する方は、コーヒーの美味しさをキープするうえに結露もしないこの保温性抜群のアイテムを手に入れるしかないでしょう!

100均で人気のタンブラー:キャンドゥのダブルタンブラーHERE


ポリプロピレン製でカラーバリエーションも豊富なキャンドゥのタンブラーの特徴は、やはりフタ付きであることでしょう。

飲み口は通常の飲み口に加え、もう1つストロー用の穴があります。

飲まない時はフタを閉じておけるのでフタなしの類似商品に比べると、余計に保温性がアップします。

1度口をつけてしまうと雑菌が繁殖しやすいですから、ストローでちびちび飲むほうが好きという方も納得の形状です。

ポリプロピレンは樹脂の中でも熱に強いという特徴がありますが、熱をキープする等の効果はありません。

ですが、このタンブラーは二重構造なので冷たいものは冷たく、温かいものは温かくをキープしてくれると言えます。

軽量なうえにデザインも可愛い、おまけにリーズナブルで保温性に優れている100点満点の商品といえるのではないでしょうか。女性人気が高そうですね。

100均一で人気のタンブラー:まとめ

タンブラーの構造に色々工夫がなされているため、保温性が高いということが分かりました。

保温性抜群、手頃な価格帯、そして豊富なデザイン、それゆえに100均のタンブラーはとっても人気があるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました