【2023年版】入園式・入学式のママの服装はどうする? ~特別な日の服装マナー~

子どもの新たな門出を祝う入園式・入学式は、ママにとっても大切なセレモニーです。これからお付き合いする先生方やママたちと初対面となる場でもありますから、服装にも気を配りたいですよね。一般的には、セミフォーマルなスーツやワンピースがおすすめですが、色やデザイン、小物などでおしゃれに差をつけることもできます。この記事では、入園式・入学式のママの服装のマナーとお手本コーデをご紹介します。参考にして、素敵な印象を残しましょう!

スポンサーリンク

子どもたちの大切な入園式・入学式を祝福! ママはどんな服装で臨めばいいの?

入園式・入学式は子どもたちの新たな門出を祝う大切なセレモニーであり、ママにとっても初対面の先生や保護者との印象が大事な場です。そのため、服装はスーツほどフォーマルではなくても、きちんと感のあるコーディネートがおすすめです。

具体的には、レースブラウスやカーディガンなどのトップスにスカートやパンツを合わせたり、ワンピースやセットアップなどのアイテムを選んだりすると良いでしょう。色は明るすぎず暗すぎず、落ち着いたトーンが好ましいです。また、靴やバッグなどの小物もシンプルで上品なものを選ぶことがポイントです。

式典に出席するときの服装マナーと注意点

入園式・入学式に出席するときの服装マナーと注意点についてお探しですね。検索結果によると、以下のようなポイントがあります。

園や学校から服装に制服や指定がある場合は、それに従うこと。
派手な色や柄の服装は避け、落ち着いた色味のフォーマルウエアやきれい目の服装を選ぶこと。
服装だけでなく、靴やバッグ、アクセサリーなどの小物もシンプルで上品なものを選ぶこと。
子どもたちの晴れ舞台を邪魔しないように、帽子やマスクは外すか控えること。
以上が入園式・入学式に出席するときの服装マナーと注意点です。

【ポイント1】春を意識した爽やかカラーが正解!

春を意識した爽やかカラーは、入園式・入学式にぴったりの服装です。ただし、色が明るすぎると目立ちすぎるので、バランスを考えてコーディネートすることが大切です 。

【ポイント2】スカートの着丈は座った時を想定して選ぶ

スカートの着丈は座った時にも品がある長さにすることがマナーです。ひざ下くらいのミディ丈やロング丈がおすすめです 。

【ポイント3】アクセサリーはパールで華やかさアップ

アクセサリーはパールで華やかさアップするのも良いですね。パールは上品で清楚な印象を与えるので、入園式・入学式にふさわしい小物です。ただし、派手になりすぎないように、ネックレスやピアス、ブレスレットなどは一つか二つに留めることがポイントです 。

【ポイント4】サブバッグをしのばせておく

入園式・入学式に必要なもの(手帳、筆記用具、クリアファイル、ハンカチ、ティッシュ、化粧ポーチ、スマホなど)が多くて、手持ちのバッグに入りきらない場合。
手持ちのバッグが小さくて荷物が少なくても、お子さんの荷物(上着や着替えなど)を預かることになる可能性がある場合。
着物を着る場合は、着崩れや汚れを防ぐためにサブバッグに着替えや小物類を入れておくと安心できる場合。
以上のような理由で、入園式・入学式に出席するときはサブバッグが必要だと言えます。サブバッグは小さくて軽くて持ち運びやすいものがおすすめです。また、服装やシーンに合わせて色やデザインを選ぶことも大切です 。

この季節らしい淡いカラーがおすすめ

入園式・入学式に出席するときの服装はこの季節らしい淡いカラーがおすすめです。淡いカラーは春の訪れを感じさせて、華やかで清潔感のある印象を与えます。白やベージュ、ピンクなどのパステルカラーは特に人気があります。

淡いカラーの服装を選ぶときは、以下のようなポイントに注意しましょう。

淡いカラーは汚れやシワが目立ちやすいので、事前にしっかりとアイロンをかけておきましょう。
淡いカラーは透け感があるものも多いので、下着やインナーにも気をつけましょう。肌色や同系色のものがおすすめです。
淡いカラーは全身で着ると地味に見えることもあるので、小物やアクセサリーで差し色を加えると良いでしょう。黒や茶色などの落ち着いた色や、赤や青などの鮮やかな色が効果的です。
以上のように、入園式・入学式に出席するときの服装はこの季節らしい淡いカラーがおすすめです。ママだけでなくパパやお子さんも淡いカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ダークカラーでも控えめすぎないデザイン

入園式・入学式式典に出席するときの服装は、子どもの新しい生活の始まりを祝う大切な日です。そのため、派手な色やデザインは避けて、落ち着いた色味のフォーマルウエアやきれい目の服装がおすすめです。しかし、ダークカラーでも控えめすぎないデザインであれば、華やかさをプラスすることができます。

例えば、ワンピーススーツやスカートスーツを選ぶ場合は、素材や柄に少し変化をつけるとよいでしょう。シフォンやレースなどの軽やかな素材は春らしくておしゃれです。また、ストライプやチェックなどの柄も単色よりも明るく見えます。ただし、柄は小さめで上品なものにしてください。

アクセサリーやバッグなどの小物も重要です。ダークカラーの服装に合わせて、パールやビジューなどの華奢なアクセサリーをつけると華やかさが増します。バッグは小さめでシンプルなものが好ましいです。

式典から通勤まで…着回しの効くデザインがいい!

入園式・入学式式典に出席するときの服装は、式典から通勤まで着回しの効くデザインがいいという方も多いでしょう。その場合は、ベーシックな色や形のスーツやワンピースを選び、小物でアレンジすると便利です。

例えば、ネイビーやグレーなどのダークカラーのスーツやワンピースは、式典ではパールやビジューなどの華奢なアクセサリーをつけて華やかさをプラスし、通勤ではシンプルなバッグや靴を合わせてきちんと感を出すことができます。

また、ストライプやチェックなどの柄物のスーツやワンピースも着回しにおすすめです。柄物は単色よりも明るく見えるため、式典では無地のカーディガンやジャケットを羽織って落ち着いた印象にし、通勤では柄物だけで十分おしゃれに見えます。

ハンサム派はこれ!

入園式・入学式式典に出席するときの服装は、ハンサム派はこれという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、スーツやジャケットなどのきちんとした服装を選び、色や素材で個性を出すとよいです。

例えば、ネイビーやグレーなどの定番カラーのスーツやジャケットに、白やピンクなどのパステルカラーのシャツやブラウスを合わせると春らしくておしゃれです。また、チェックやストライプなどの柄物のスーツやジャケットも個性的で素敵ですが、柄は小さめで上品なものにしてください。

素材にもこだわってみましょう。シフォンやレースなどの軽やかな素材は女性らしさを演出できます。また、リネンやコットンなどのナチュラルな素材はカジュアル感を出せますが、形はシャープにしてください。

服装にマッチするサブバッグでおしゃれに抜かりなく!

サブバッグの色や形、大きさに注意して選びましょう。

色は、服装と同じか似た色のものを選ぶと統一感が出ます。また、白やベージュなどの明るい色やパステルカラーのものは春らしくて爽やかです。ただし、派手な色や柄は控えましょう。

形は、シンプルで上品なものがおすすめです。トートバッグやショルダーバッグなどは使い勝手がよくて便利ですが、あまりカジュアルすぎるものは避けましょう。また、ファスナーやボタンなどでしっかり閉められるものを選ぶと安心です。

大きさは、必要最低限の荷物が入る程度にしてください。あまり大きすぎると邪魔になったり重く感じたりします。また、小さすぎると荷物が入らなかったり不便になったりします。手持ちや肩掛けできる程度の大きさがベストです。

パパ・ママはお子さんの引き立て役!派手過ぎNGでも普段着とは違ったコーデで出席を

パパ・ママはお子さんの引き立て役という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、派手過ぎNGでも普段着とは違ったコーデで出席するとよいです。

まず、色についてですが、落ち着いた色のフォーマルウエアやきれい目の服装を選びましょう。ネイビーやグレーなどの定番カラーは失敗しにくくておすすめです。また、白やベージュなどの明るい色やパステルカラーのものは春らしくて爽やかですが、あまり目立ちすぎないように気を付けましょう。

次に、形についてですが、シンプルで上品なものがおすすめです。ワンピーススーツやスカートスーツなどは女性らしさを演出できます。ジャケットスーツやセットアップなどは男性らしさを演出できます。また、小物やアクセサリーなどで華やかさを加えるとよいですが2、あまり派手すぎるものは避けましょう。

最後に、お子さんの服装についてですが、園服・制服がある場合や園や学校から服装を指定されている場合はそちらを着て出席するようにしましょう。そうでない場合はジャケットスーツやセーラースーツ、ワンピースなどを選ぶ家庭が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました