アフィリエイト広告を使用しています

【一年の運気の変わり目は節分から!】節分にすると開運にいいこと

2023年の節分は2月3日(金)で、今年の恵方は「南南東のやや南(右)」です。「節分」は伝統的な行事として親しまれている一方、それは運気・運勢の変わり目としても重要な位置を占めています。新年の運試しとして、『2023年をどんな一年にするか』を占うおみくじを引くことは、すでに多くの人が行っていると思われますが、占いの世界を見ると、実はこれからなのです。そこで今回は、「節分」がなぜ行われるのか?そして運気の変わり目を作成することでいいことがあるかについてご紹介します。

「節分」とは?

「節分」とは、古くから伝わる「鬼は外、福は内」を表した日本の習慣の1つです。豆まきをしたり、恵方巻きを食べたり、邪気を払い無病息災を願う行事で、季節を分けるという意味もあります。なお、節分には特別な日として昔から立春の前日だけが指定されており、今でいう大晦日のように「明日から新しい年」というような特別な意味を持つ日でもあります。

2022年の節分と立春

節分:2023年2月3日(金)

立春:2022年2月4日(土)

2022年の恵方

2022年の神恵方は、「南南東のやや南(右)」方向になります。

「節分」が運気の変わり目?

「一年の始まりと終わりを象徴する「節分」、「立春」があることは理解できましたが、スピリチュアル的な世界においても、「節分」を運気の変わり目、新しい一年の始まりの時期として考えられています。この新しい一年でさまざまな成功をお祈りします。

「節分」にするといいこと

「とっておきの思い出になる節分」を過ごしたい方には、何かしらの新しいことに挑戦するのがオススメです。例えば、自慢の料理を作ったり、同じ家族や友人グループでの新しいアクティビティを始めたりと、あなたならしたくなることを見つけてみましょう! 楽しむことで開運を意識したり、幸運を呼び込んだりすることもできます。

恵方を向いて恵方巻きを食べる

「恵方巻きは、その年の恵方を見ながら無言で食べることで「福を巻き込む」と言われています。食べることで、無病息災や商売繁盛など縁起が良い願い事が叶うとされています。」

恵方巻きを無言で食べる理由は、伝統的な信念から、食べている最中にお祈りをするためです。なぜなら食べている途中に話をすると「話(はな)すと福を放(はな)してしまう」という言い伝えがあるからで、運が逃げてしまうのです。

豆まきをする

豆まきは「節分」と呼ばれ、厄を鬼に豆をぶつけることで邪気を追い払い、一年の裕福な生活や無病息災を願う大切な行事です。特に厄年の人や、なんとなく運が悪く感じる人にとって、強力な厄除けとしての「豆まき」は心を持ち上げるチャンスとなります。

新しいこと・ものを始める

立春は、新年を迎えたタイミングと関連して、新しいことやものを始めるのが良いとされています。例えば、日常の生活に新しい服や家電を購入し、または小さなことでもいいので何か新しいスタイルを取り入れてみることなど、新年を迎えるこの機会に新鮮な気持ちで新しいことを始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました