アフィリエイト広告を使用しています

「2023年の恵方巻の方角って?」おうちで作れる“節分の恵方巻”レシピ3選

2月3日(金)は節分記念日!「恵方巻」が節分に食べられるというのは皆さんご存知でしょうか?特別な方角を向いて太巻き寿司を黙々と召し上がる風習は、最近では豆まきと共に節分の定番料理となりました。今年の方角は何ですか?そして、家庭でも作れる恵方巻レシピも、一緒にご紹介します!

今年の恵方巻の方角は?

恵方巻は、年に一度、その年の「恵方」と呼ばれる方角を向いて、言葉を発さずに丸かじりすることになっています。願い事を思い浮かべながら食べることで、より幸せな1年を迎えることができるといわれています。

恵方の決まり方は?

2023年の「南南東微南」という恵方を知っていますか? 歳徳神と呼ばれる神様はその年の福を司る神様で、4つの方角「東北東」「西南西」「南南東」「北北西」の中から、毎年変わる恵方が決まります。十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)の暦の構成によって、決まった恵方に沿った行動が望まれています。そのため、恵方巻も恵方に向かって食べることが推奨されています。

恵方巻の発祥は?

「恵方巻になじみがないという方も多いかもしれませんが、それは当然のことなのでしょう。恵方巻を節分に食べる習慣が全国的に広まったのはごく最近のことなので、それまではあまり知られていなかったのです。

恵方巻の発祥がどこから始まったのかはわからないものの、有力な説によると、江戸時代の末期に大阪の船場で生まれたといわれています。その後、関西の一部で習慣として受け入れられ、さらに、1990年代に大手コンビニエンスストアが全国的に広めたことがきっかけで、今では定着しているわけです。風習の広がりが、なんと面白いことでしょう!」

恵方巻の定番具材は?

恵方巻をおいしくするための定番の具材として、縁起が良いとされている以下の7つの食材を使用します。それは、あなごやうなぎ、えび、しいたけ、かんぴょう、きゅうり、桜でんぶ、だし巻き卵の7つです。

あなごや長寿を願ううなぎやかんぴょう、えびやきゅうりなど、恵方巻の各食材には、長寿を祈る願いが宿っています。それらの食材は、色鮮やかな見た目や、多様な食感が楽しめるなど、特徴的なものがたくさんあります。
また、お好みでさまざまな食材をプラスして恵方巻をアレンジするのもおすすめです。海鮮やお肉、新鮮な野菜などを加えて、長寿を祈る願いを込めて、自分好みの恵方巻を作ってみてください!

具材をアレンジ!恵方巻レシピ

今年のお正月は、スーパーやコンビニで恵方巻を買うのも良いですが、自分たちで家族全員で参加して楽しく作るのも一つの楽しみです!好きな具材を自由に入れて、贅沢な海鮮巻き、ミニサイズのエビフライ巻き、そして手軽なサラダ巻きなどを試してみてください!今年はぜひ、お好みの恵方巻を手作りしてみましょう!

海鮮たっぷり恵方巻き

美味しい恵方巻レシピをお届けします。海鮮を組み合わせれば、おいしい巻き寿司が作れます!カニやエビ、マグロや煮あなごなどを、サーモンやイクラ、イカなどと一緒に組み合わせると、さらにバランスの良い味と見た目に仕上がります。巻きすでしっかりと巻くと、形状もキープできてジューシーな食感も楽しめます。ゴハンの合間にも簡単に作れる、大満足のレシピをぜひお試しください!

節分に 可愛いエビフライ巻き

節分を子供たちと一緒に素敵に楽しんでみませんか?小さめサイズの恵方巻は子供たちを喜ばせるいいアイデアですよ!エビフライを丸ごと巻いて、テーブルをさりげなく華やかに彩ってあげることもできます。意外な組み合わせと思われるかもしれませんが、カラッと揚がったエビフライとタルタルソースを酢飯やのりと一緒に添えると、何とも絶品な料理になります!是非、試してみてください!

恵方巻きにも カニ缶でサラダ太巻き

サラダ巻きは、家族全員で楽しめるレパートリーとして、必ず加えていただきたい品です!今回のレシピでは、白だし、きゅうり、カニ缶を使って、濃厚でおいしい太巻きを完成させました。卵焼きの味付けは、シンプルなのですが、カニ缶やマヨネーズといっしょにあれば、さらにおいしくなります。レイヤー型に巻くことができない場合は、ラップだけでも作ることができますので、覚えておくと便利ですよ!

今年は「南南東のやや南」に向かって願いごとを!

2月3日の節分は立春の前の日であり、冬の終わりを祝い春の訪れを喜び行事食としての恵方巻が温かく愛される素敵な日となります。今年の節分は、専用のレシピで作る恵方巻を願いごとを思い浮かべながら楽しんでみてはいかがでしょうか。2023年の節分では、恵方巻の食べる方角とレシピもご紹介して参りますので、季節の移ろいを感じながら、楽しい恵方巻の時間をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました