アフィリエイト広告を使用しています

【保育園・幼稚園】卒園式の保護者代表挨拶どうする?例文付きでご紹介

子どもたちが卒園する保育園や幼稚園の卒園式において、保護者代表挨拶は重要な時間です。この記事では、きちんとした挨拶をするための準備をして、当日の流れを思い切りスムーズに進めるための例文をご紹介します。挨拶を受ける子どもたち、関係者、参加者みんなの前で素敵な時間として残るよう、保護者代表の挨拶を最後までよろしくお願いいたします。

卒園式の保護者代表挨拶とは?

卒園式において、保護者代表として挨拶を行うのは幼稚園や保育園の母親です。挨拶は卒園式の開始時になされますが、児童の仲間への締めの言葉から始まり、学校教育の特性について触れ、そこで得た学びを生かすために子供たちが抱える想いや夢を話し、最後に「お別れの子守唄」を歌うなどといった流れの中で挨拶が行われます。保護者代表の挨拶は、子供たちへの熱い想いを胸に入学を控える子どもたちへのエールになるでしょう。

謝辞とは?誰がいつ読むもの?

保育園や幼稚園の卒園式は、保育園や幼稚園を修了したことを祝福する場であり、その際、園長や来賓からは「祝辞」、保護者側からは前もって準備を施し、形式的な文章で「謝辞」を述べるのが特徴です。特に謝辞を代表して行うのは保護者代表であり、名誉なものですが重大な責任も伴います。そのため、卒園式に臨む際はまず、謝辞のルールや基本的な文章を調べることが重要です。

謝辞は何文字で何分くらいにまとめる?

謝辞はおおよそ1000文字前後、ゆっくり読んで3~5分で読み終わる程度が理想です。

謝辞は暗記するのではなく、専用の用紙に書いて読み上げます。

かつては毛筆や筆ペンで謝辞を書くのが一般的でしたが、パソコンやスマートフォンなどで書き、プリンター対応の式辞用紙で印刷する方も増えています。

どちらでも自分がやりやすい方法で謝辞を作りましょう。

卒園式の謝辞、構成や書き方のポイント

卒園式は人生の大きな転機です。そんな中で、感謝の気持ちを表現してくれる、謝辞を書く機会なのです。卒園式の謝辞の構成や書き方を考えるにあたり、組み立てる基本を抑えておくことが必要です。このたびは学校を卒業される皆様へ、卒園式の謝辞の構成組み立て方や書き方の基本をご紹介いたします。この内容を参考に、あなたなりの感謝の気持ちを表現し、ご卒業の瞬間をもっと輝かせてください。

卒園式の謝辞の基本構成

卒園式の謝辞の基本的な構成は、以下のとおりです。

  1. 導入:これから謝辞を述べると前置きする
  2. 冒頭文:時候・季節の挨拶
  3. 卒園式開催と参列のお礼
  4. 自己紹介
  5. 園の思い出・エピソードなど:オリジナルの文章
  6. 先生方へのお礼
  7. 子どもたちの今後の展望
  8. 締めの言葉
  9. 卒園式の日付

前段階として、自己紹介を行った後、これから謝辞をお読みいただく際には、順番を厳守するのが望ましいです。1番から4番までの順番を維持したうえで、その後に5番以降の文章を続けるのが効果的です。

導入や冒頭文(時候・季節の挨拶)

まず「お礼の言葉」と宣言した後、季節の挨拶を入れる際は、その地域の気候を考慮しつつ、全天候型の挨拶をお選びください。例えば、「前向きな気持ちを持って迎えることができる、温かい春の到来を喜んで祝いたいと思います」などで十分な表現が可能です。

卒園式開催と参列のお礼、自己紹介

「本日は、ご来賓の皆様とともに、心温まる卒園式を開催することができ、ご準備いただいた先生方、子どもたちのために日頃よりご尽力頂いた皆様に厚くお礼申し上げます。このたびは、誠にありがとうございました」と謝辞を申し上げ、その後、「私は本日卒業する、●組 ●●の母(父)である」と自己紹介をさせていただきました。今回卒園式を開催することができたこと、来賓の皆様のご参加に感謝申し上げます。また、卒園生とのつながりもお伝えしたいと思います。

園の思い出やエピソードが特に重要!

テンプレートや形式にのっとった時候の挨拶や卒園式開催のお礼、自己紹介から、オリジナリティをだすなら、園の思い出やエピソード、子ども達が楽しんでいた行事の様子などなどを取り入れるのがおすすめです。特に、幼稚園、保育園独自の教育方針や行事などにも触れ、子ども達の成長にプラスに働いたことを、親文書でまとめてみると、より充実させることができます。

先生方へのお礼

保育園や幼稚園のクラス数が少ない場合は、学年の先生を一人ずつ呼び出し、彼らへのお礼の言葉を個別に表すことができます。その上で、学年全体を代表して園長先生をはじめ先生方へ謝辞を述べることで、より感動的なお礼の気持ちを伝えることができます。先生方へのお礼を伝えるための文章は、「園長先生はじめ先生方が、子どもたち一人ひとりと向き合い、優しく、あたたかくご指導くださったおかげと心より感謝しています」などを用いて、先生方へのお礼を表わしていくことが大切です。

子どもたちの今後の展望

お礼を述べたあとは、「4月から子どもたちはそれぞれ新しい環境に向かいます」と話して、子どもたちの未来を考えましょう。進んでいくうえで、幼稚園(保育園)で学んだことがきっと彼らの力になることを確信します。

締めの言葉と日付と名前

最後に、締めの言葉として「幼稚園(保育園)のご発展と園長先生をはじめ先生方のご健康とご多幸を心からお祈りいたします」と、先ほども申し上げた様に、お礼の言葉も絡めて述べましょう。卒業した日付を西暦中心に和暦でも併記し、自分名を記して、締めの言葉にてお開きとしましょう。

当日のお辞儀のマナーや謝辞を置く場所も紹介

式典で行う謝辞は、重要な一部であるため、壇上にステップアップする際や謝辞を読む際は、マナーを大切にしなければなりません。さらに、美しく謝辞を述べるポイントもあります。ここでは、そのポイントを紹介します。

当日までに読む練習を

謝辞をうまく読むには、口頭にて文面を読むべきであるが、正しく語りながら内容を理解するために覚えることも必要である。その為、落ち着いてゆっくりと話すことが重要だ。それを行うためには、何回も練習を行い、長くなりすぎず、短くなりすぎず、読める時間感を把握することが大切だ。また、自身の謝辞を作成した際は可能ならば誰かに添削を依頼し、気になった点を指摘してもらうことで、より良い謝辞ができると言える。

読んだあとの謝辞はどうする?

読んだあとの謝辞は、壇上の左端に包まれたり封筒に入れられたりした状態でおくよう準備してください。このまま一定期間幼稚園や保育園で保管されるので、置いておいてかまいません。また、壇上に置く場所がない場合は、後で園長先生に手渡してもらうようにしましょう。

お辞儀のタイミングなどの当日の流れの確認を

卒園式が近づいてきたら、バッグから謝辞の封筒を取り出して、安心しましょう。名前が呼ばれたら、静かに起立させ、来賓の方、先生方、また国旗などに対して一礼せず、壇上に上がったら正面を向いて礼をして謝辞の内容を読み上げましょう。読み終わったら、壇上を下り、先生方や来賓の方に礼をして席に座ります。他の方の挨拶を参考にしながら一人でも安心して行えるよう、式の前に先生に質問しておくことをおすすめします。

まとめ:良い挨拶ができますように

謝辞の作成は、オリジナルである必要はありませんが、「こんな行事がありました、子どもたちが成長しました」などというテーマを元に、「スピーチの書き方」などを参考に、適したテンプレートを使って自分の感謝の気持ちを表現したり、具体的な出来事を交えながら、園の思い出のエピソードを1~2個述べれば十分です。2~3回スピーチを読み上げる練習をすれば、当日も落ち着いて読めるようになるので、心を込めてスピーチをしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました