【日本撤退】「ドゥバイヨル」のチョコが人々を魅了する秘密!2023年現在購入可能な場所はある?

ジェントルクラフトを採用した、ドゥバイヨルのチョコは、多くの人たちに愛されていました。特に大切な人への贈り物としても、究極の選択肢として考えられています。すべての手間を払って作られた彼らのチョコは、見た目だけではなく、食べてあふれる幸せな味わいもあります。お酒が好きな方へは、アルコール付きのチョコを。そして、その他の種類も山ほどあります。そんな中からいえば、一番良いプレゼントは、大切な人へのサプライズにぴったりな、ドゥバイヨルのチョコです。美しいパッケージも添え、心をこめて贈りましょう。

スポンサーリンク

ドゥバイヨルが2021年6月30日をもって日本撤退

人々の心を沸かせていたドゥバイヨルの丸の内オアゾ店が、2021年6月30日をもって閉店し、日本撤退となりました。銀座三越などにもショップがあったドゥバイヨルでも、日本市場からの撤退となり、チョコレートを愛する日本人を中心に、多くの寂しさを感じられるのは間違いありません。閉店の不満を表明した声はSNS等でも多数上がり、大変残念な気持ちが共有されています。

チョコで有名なドゥバイヨル!歴史は?

ドゥバイヨルは、1983年にマルク・ドゥバイヨルというフランス最高の職人パティシエがベルギーで開発した、高級なチョコレートブランドです。チョコレート愛好家ならご存知の、伝説の繊細な作品を生み出し、世界中のチョコレート愛好家を魅了し続けています。

ロワイヨテ(プラリネ)

チョコレートで包まれたヘーゼルナッツのジャンドゥーヤに、キャンディーのような上品なアーモンドが飾られています。

マンディアン

チョコがアーモンド、オレンジピール、ジンジャーなどの贅められた味覚を楽しめるよう、手の込んだ技巧で作られた豪華なチョコレート。

ドゥバイヨルの魅力はチョコだけでなく、おしゃれなパッケージにあり!

ドゥバイヨルのチョコは、特別なギフトとして選ばれるに際し、魅力的なパッケージデザインで説得力を増し、贈り主の感性のセンスを格上げさせます。一般的なシンプルなパッケージよりも、何だか不思議な魅力があり、ドゥバイヨルファンやおしゃれに敏感な人々からは見逃せない存在となっています。こうした条件で、チョコをよりスペシャルなものに感じさせてくれるのです。

毎年バレンタイン時期に発売されるドゥバイヨルのチョコ

近年、SNSなどを通じて、2019年パッケージに関しても少なからず賛否を分ける意見が出されています。しかしそんな最新のパッケージのデザインに対する、熱烈な関心を見せる世間を見ても、それは我々の社会が興味を示している証となっているのではないでしょうか。

2022年ドゥバイヨルのバレンタインチョコ情報

ドゥバイヨルが日本から撤退して久しいですが、依然として多くのファンがバレンタイン催事や百貨店などで再発売されることを期待しています。しかし、調査の結果、2022年のバレンタインで出店される情報はありませんでした。

ドゥバイヨルで人気だったチョコをご紹介

【クチュールコレクション セレクション ド プラリネ (13個)¥3,240 税込】

ドゥバイヨルの新しいコレクション「クチュールコレクション」は、大人の気品をまとう上品なデザインとなっています。その中から、プチギフトに最適なセレクション ド トリュフ(8個)(値段 ¥1,620税込)は、口どけ抜群のトリュフが詰め合わさっています。一方、お祝いのデコレーションに大変おすすめなのが、彩鮮やかなガナッシュを詰め合わせたセレクション ド ガナッシュ(9個)(値段 ¥3,240税込)です。見た目の鮮やかさにも注目です!特別な日のギフトに最適なパッケージです。

【デフィレ コレクション 7個 ¥2,160(税込)】

様々なスタイルの貴婦人をモチーフにしたデフィレ・コレクションは、かわいらしいパッケージで魅力的なギフトとなっております。特に、恋人だけでなく友人や家族へのギフトの種類として最適な7個入り、さらにプチギフトにも最適な3個入り(¥1,080税込)や4個入り(¥1,620税込)もご用意しているので、是非ともご利用くださいませ。

「アンローベ モア! コレクション」

ドゥバイヨルのチョコレートがモチーフになったパッケージ「アンローベ モア! コレクション」が、サタニデやナンファリデなど蝶々にまつわるフランス語の名前付きで登場しました。このすてきなパッケージは、優雅で女性らしい雰囲気が魅力的で、特別な女性への想いを伝えたい男性にとっては、最高のギフトの選択肢となるでしょう。ドゥバイヨルのチョコレートは、一口食べるだけで感じられる贅沢な味わいと高級感があり、ピールチョコからボンボンショコラ、クリスタリンレなどバラエティ豊かなラインナップです。是非ともドゥバイヨルのチョコの味に浸ってご堪能ください。

自分へのご褒美におすすめな板チョコ「タブレット」

【タブレット 全7種 各種¥1,296(税込)】

ドゥバイヨルでは、「タブレット」と呼ばれる板チョコを魅力的なデザインのパッケージに入れて販売しています。エクアドル/ペルー、タンザニア/サントメなどの合計7種類のタブレットチョコは、各ブランドの個性が集約された印象的なプレゼンテーションです。高級感漂うスタイリッシュなパッケージは、友人へのちょっとしたギフトとしても最適ですし、日々の成果を褒めてあげる自分へのおすそ分けにもおすすめです。

エクアドル/ペルーのカカオは73%とビターなチョコで、大人向けのチョコレートです。一方、タンザニア/サントメは68%と酸味を感じるようなチョコで、お酒の相性も抜群なので、お酒好きな方にもおススメのチョコになっています。

ドゥバイヨルではピール系チョコも美味

ドゥバイヨルのピール系チョコは、オランジェットやシトロンピールのようなおいしい味わいなのに加え、苦みがなくて食べやすいという魅力があります。また、ドゥバイヨルの店舗では少量から購入可能な量り売りチョコもあるので、気軽にお試しできます。

幸せとろける「チョコドーム」

ドゥバイヨルの丸の内オアゾ店には、カフェが併設されています。そこで頂ける『アヴァランシュ』(税込 ¥1,350)は、チョコレートファンから一般の人まで楽しめる一品であり、一度は味わって頂きたい一品だと思います。

アヴァランシュは、フランス語で”なだれ”という意味を持ちます。このデザートの特徴は、ゆずれないドーム状チョコレートに、熱々のチョコレートドリンクを注ぎ込み、チョコレートドームが溶けて内部に隠された冷たく香ばしいグラスヴァーニュとクランブルの楽しい風味と、多種のマリアージュが用意されていることです。

ドゥバイヨルが贈るバレンタインチョコ

今年のバレンタイン、ドゥバイヨル ファンたちは、マダガスカルの蝶々と蕾がモチーフである「溢れだす情熱の豊かさ」をテーマにしたチョコを楽しみに待っていました。パッケージを開けると、その先に驚きや感動が待ち受けていて、美味しさや悦びを感じながら、それぞれの恋の始まりの感覚を楽しめる体験ができることを期待して販売されました。

チョコ以外にも人気だったドゥバイヨルパフェ

ドゥバイヨルは、チョコレート以外にも『パルフェ ショコラ』および『パルフェ フリュイ』を新発売し、大人のためのパフェとしてその技術を存分に活かしています。『パルフェ ショコラ』は、濃厚なチョコレートとアイスクリームで大人の極上なチョコレート味を楽しめる一品です。また『パルフェ フリュイ』は、甘く爽やかなフルーツにアイスクリームを組み合わせることで、なめらかなマリアージュを作り出したフルーツパフェとなっています。

ドゥバイヨルのクリスマスケーキ

ドゥバイヨルでは、毎年11月からクリスマスケーキの受付を開始しています。今年の新作ケーキはヴォルテール ド ノエル。その中にはショコラとフランボワーズのマリア―ジュ、そのサイドにはマカロンが付属して、クリスマスらしく豪華な仕上がりとなっています。また、パフェなどもクリスマス限定の特別なメニューもあります。

ドゥバイヨルのチョコはオンラインストアにて購入可能?

ドゥバイヨルのチョコは、現在オンラインストアを含めて購入が不可能となっており、高島屋オンラインショップでも取り扱っている商品はありません。しかし今後の日本でのバレンタインの時期などには、ドゥバイヨルのチョコが再上陸することを期待し、販売を楽しみたいものです。

ドゥバイヨル店舗詳細(閉店)

ドゥバイヨルは日本から撤退しているので、どの店舗も閉店しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました